MagicTerraceマジックテラス

0 857 0

土用の丑の日【7月25日】

,
酷暑の折…いかがお過ごしでしょうか。

本日7/25は土用の丑の日!
ということで、鰻を食した方も多いのではないでしょうか。
各メディアやスーパー、今やコンビニでもこぞって宣伝がなされておりますが、
そもそもなんでなんでウナギなんや?と思った故いろいろと調べてみましたところ、
興味深い内容が次々と発覚したので今日はそれらに触れていきながら、ひとつ賢くなっていきたいと思います。

《別に鰻じゃなくてもイイ》
土用の丑の日とは古来より立秋の前の18日のうち、丑の日に当たるもの。
暑さ極まるニッポンの夏に、うなぎを食べて夏バテを予防しよう!
ってのが土用の丑の日イベントにおける主なコンセプトですが
江戸時代、うなぎ屋がうなぎが売れなくて困っていたところを、
エレキテルで有名な平賀源内の発案が功を奏し、
うなぎ屋は大繁盛となった。
このエピソードは割と知られていますね。(※諸説あります。)
本来うなぎの旬は冬なので、夏にうなぎが売れなかった背景があるわけですが
この話の始まった当時には
「丑の日にちなんで、「う」から始まる食べ物を食べると夏に負けない」
という風習があったそうです。
そもそも旬じゃない上に、う、が付けばいいなら
うどんでも
ウニでも
ウマでもウシでも
食欲の無い日でも手軽に栄養補給の出来る
○イダーインゼリー
でもいいってことですね?
ちなみにうなぎのほかにも
土用餅、土用卵、土用しじみなどといった、
あまりメジャーではないものの
夏バテ予防にぴったりの食材もあるみたいですよ??
↓↓↓土用餅↓↓↓

《うなぎには毒がある!?》

うな丼ってほとんどタレの味やん
そんな貧乏舌の私ですが
そういえば、私達がうなぎを頂くときって
ほとんど蒲焼きですよね。
どうして魚なのにお刺身では見ないのでしょう?
実はウナギやアナゴ、ウツボ、ハゼなどのウナギ目にあたる魚類は
共通の特徴として血液に『イクチオヘモトキシン』というタンパク質の毒が
含まれているそうです。
フグの毒のように少量で即死!!という強さでは無いですが
牛乳パック1本分のウナギの血で、成人男性は死ぬそうです。
気を付けないといけませんね。
ちなみに60℃5分間の加熱で、完全に毒性は失われるそうです。
皆様これで安心して食べることができますね。


ちなみにこのうなぎの血、
直接肌に触れたり、傷口や粘膜に触れるだけでも
かなりヘビーな症状でるそうで…


今日私達が美味しくうなぎが食べられるのも
職人さんたちの並々ならぬ努力の賜物だったというわけです。


↓↓↓うなぎ↓↓↓

いかがだったでしょうか

土用の丑の日が、1人の発明家のアイデアからうまれた風習になったように
マジックを見たい、感じたい、そんなときは福岡に!マジックテラスに!
そんなふうになれば嬉しいなと。
もっともっとマジックがいろんな人達に身近である存在になれるような
マジックを文化として楽しんで、ワクワクしてもらえるような
僕達はそんな思いで日々活動中です。
連日暑い日が続きますが、しっかり食べて夏を乗り切りましょう????
MATTYでした??

Tags

Image おさかな天国 どうも~マッティです…
by MATTY
0 96 0
Image 感謝祭にて! 2018/10/07…
by MATTY
0 129 0
Image バーテラス グランドオープン! どうも~マッティです…
by MATTY
0 447 0

MATTY

About Project

share
ADD TO COLLECTION

Recent Works

Login
Send message